20160729-DSC_1115-1.jpg
SHIMANO 16Vanquish C2500HGSをGET!!
ツインパワーのC2000HGSを中心に考えていたけれど5lbのフロロが65mしか巻けない。という事は、バスで使用する6lbフロロでは糸巻量が足りないのでどうしようか迷っていたところ、6lbフロロが80m巻ける16ヴァンキッシュC2500HGSの存在を知った。ボディも小さく=軽いので、トラウト、バス、チヌにも使える事からいよいよ購入に踏み切った。やっとこさ、Sephia CI4 C3000HGSDHから卒業できる♪これで、15TWIN POWER 2500Sと16Vanquish C2500HGSによるシーバス、チヌ、バス、トラウトでのシステムがやっとこさ出来上がった〜☆いや〜長かったなぁ。。(笑)自分のスタイルがやっと固まってきた。

20160729-DSC_1132-2.jpg
ネットショップで商品券が使える所を発見し、実質35000円で手に入った。しかし、到着後リーリングしてみると、シャーシャー鳴っている様な、また、少しザラザラ感じる様な違和感があり、一瞬ハズレを引いたかと冷や汗モノだったけど、少し抵抗かけてドラグ鳴らしながら巻いたりめちゃくちゃ巻きまくったりした事で、シャーシャー音やザラつく感じは軽減された。ギヤのアタリが出たような感じかな?ネットでは色んな意見があったけど、巻きまくって大正解。

これで、今後はタックルでの言い訳ができなくなったなぁ。。早くリールでもアタリが取れたり出来るようにしたいもんです。

20160729-DSC_1138-1.jpg
今回の物撮りでは、NEEWER 80x80cm ソフトボックスとスピードライトSB-700、そして、久しぶりのタムキューを使用した。全てマニュアルでブラックボックスになるよう設定してから、ストロボ光量を変えたり露出を調整して思い描くイメージに近づくように撮影した。今まで、MAGMODやアンブレラなど、クリップオンストロボ関係でもかなり遠回りしたけれど、行き着いた先はソフトボックスだった。このソフトボックスは安くてまずまずの品質なのでオススメです。