週末恒例の渓流ルアーフィッシングに車泊で行ってきたよっと。今回の目的は、自分で修理したロッドが問題なく使えるかどうかのテスト釣行。という訳で土曜はゆっくり目で13:30頃着。同じ川のいつもと違うポイントへ行くと、先行のフライマンが上から降りて来たので挨拶兼ねてポイントや熊情報についてお話を伺いました。

上流の淵に尺イワナがいるとの事だったので、早速行ってみたけどノーバイト。蜂は結構ブンブンしてますねぇ。。 

夕方までは、先日タモから逃げたイワナが居るポイントへ移動する事に。すると、そこでもまた別のフライマンと挨拶し、ポイントと熊、蜂情報をお聞きしました。その方は、1度別のエリアで熊を20mの距離で目撃したそうです。う〜ん、やっぱり居るやん(汗)

てな訳で、今回の釣行から熊鈴を装備する事にしました。



イワナのポイントではそこそこの型で4匹ほど目視出来たので期待大。しかし、感覚的にはノーバイト。ただ、フライマンが上から見ていてくれたみたいで、1度バイトしていたとの事(汗)マジかー。全く違和感無かったぞー。この時点ではさほどロッドに問題があると確信できていなかったけれど、結論から先に言うと、ロッドのティップ3cmの損失はかなりデカかった。ミノーイングもしっくりこないし、何と言ってもトゥイッチが変な感じだった。

とは言え、1匹ぐらいは釣れるだろうと、本流下流へ移動しながら釣り下るもノーバイト。その後は、翌日に期待を寄せながら車泊の準備へと移動する。

疲れが溜まっていたので、爆睡してしまい早朝4時から起床(笑)



朝焼けと川のせせらぎを聞きながらのドリップコーヒーは最高♪
気分盛り上げつつ、出発し、いつもとまた違うポイントを攻めました。もちろん熊と蜂にビビりながら(笑)



何台か先行者の車が停まって居たので、その周辺をチェックして、谷を下れそうなルートを発見し入渓。今までで最長の距離を釣り歩いたものの、昨日に引き続き2日目もノーバイト(涙)チェイスは1度だけ。 

うーん、2日連続でボウズは有りえないので、やっぱりこれはロッドに問題がありそうやなぁ。繊細な釣りやから短くなった3cmのティップは重要なんやな。気に入ってたロッドだけに残念。代替え候補は、中古スミス トラウティンスピンインターボロンX TRBX-56MTと在庫があれば新品ティムコのエンハンサー EH53L。中古ティムコ トラウター BS60UL安いけど、ちょっと長いねんなぁ。。今週中に決断しよ。リールもちょっと巻き抵抗あるし巻上長62cmに不満が出てきた。巻上長79cmの15ツインパワー C2000HGSやとバスにも使えるからとても魅力的!!