2016_07_09 天川渓流釣り3
悪天候の中、いつもの渓流に1泊2日(車泊)で行ってきたよっと。朝は雨が強そうだったので、午後着で14時頃入渓。予想通り、釣り人はほとんど居なかったので練習に持って来いと思いきや、川の流れが強かったので予定していたポイントは見送り、本流の流れが弱いポイントを転々と打ってみた。一度は本流もやってみたいと思ってたので丁度良かった♪

何となく良さそうなポイントに入り、何投かキャストした後、少し大きめな岩がある岸沿いにキャストし少しトゥイッチを入れるとナイスなイワナHIT!!

2016_07_09 天川渓流釣りイワナ
雨が降り続いていたので、一眼レフは車内に置いてSONYのアクションカムHDR-AS100Vでパシャリ。普段フルサイズの一眼で撮ってるので全く面白くない写真w

【タックル】
ロッド:TIEMCO トラウターBS56UL
リール:DAIWA REVROS MX 2004W
ライン:フロロ 4lbs
ルアー:SMITH D-コンタクト

ここで事件発生(笑)
新調したラバーコーティング(絡みにくい)のランディングネットに絡んだルアーを外そうとしていたら、

2016_07_09 天川渓流釣り4
ポイ〜んとマリオの如くナイスジャンプで逃げられました。ちょっとヨダレ出てたんバレたのか。今までで1番のサイズだったのでせめてサイズだけ測りたかった。。

20160713-DSC_0707.jpg
帰ってネットの底のサイズを測ると約24cm。恐らくヤツは25cmはあったかなぁ。。ドラグ緩めてたけど、結構いい引きを楽しめた。
その後は、ヘビを見たくらいでアタリも無かったので、下流へ移動。

本流の流れが弱い大きな淵に入る。餌釣りの人がよく入ってたポイントで、足場は高め。こちらはかなり水深があったので、重めのスプーンで中層辺りをイメージして色々とキャストしまくる。途中、HITしたもののバラシてしまったので、18時前だけど少しムキになってキャストを継続。

20160709-DSC04674
すると初めて見る顔の魚がHIT。釣れ上がった瞬間思わず「何やコイツ?」と言葉が漏れてしまったw恐らくウグイかな??足場が高かったので臨場感に欠けるもののそこそこの引きだったかな。

【タックル】
ロッド:TIEMCO トラウターBS56UL
リール:DAIWA REVROS MX 2004W
ライン:フロロ 4lbs
ルアー:スプーン5g

その後もう1匹ウグイが釣れ、このタイミングで納竿し、車泊用の寝床探しへ移動。途中で、渓流沿いのコテージでキャンプしている様子が伺え、BBQの香りにとても食欲が刺激された(笑)渓流沿いのコテージは雰囲気あってとても良い。特に朝霧のモーニングコーヒーとか最高やろうな♪

さてさて、自分の晩飯はというとシングルバーナーでお湯を沸かし、日清カップヌードルにおにぎり2個。質素な晩飯だけど、川のせせらぎが満足な物にさせてくれた。たまにはこんなんもいいなあ。毎週でもええな。車泊慣れしたモビリオスパイクのベッドはサーマレストのベースキャンプで快眠。

翌朝は、ドリップしたナイスなモーニングコーヒー。意気揚々とお目当てのポイントへ。
熊が出たらどないしようと密かにシュミレーションしまくりながら入渓(笑)いや、マジで1人やからビビるよねwめっちゃ谷を降りやすいルートを発見し、早速1匹目のイワナHIT!!

2016_07_09 天川渓流釣りイワナ2
ちっちゃいけどいい滑り出しなんて思ってたら、この後大変なことに。。(熊ではないw)
まず、ちょっと進んだ辺りでどうしても高巻きしないと進めない事が判明する。結構大変な事なのと、先に誰も居なくて、更に奥深い自然に入る事になる為、やっぱり熊が頭にちらつく。電話も圏外やしね〜。

という事で高巻きせずに何とかならないかと、岩にへばりついたりしてみるが、足元があやしく思わず転倒寸前危機一髪。そうこうしていると、ティップが枝に絡まり、シャクってみると、、、

20160711-DSC_0686.jpg
ティップがポッキリ逝っちゃいました(笑)
という訳で2日目は強制納竿となりました。

このまま帰るのも何なので、気になる所をロケハンする。1台の車が止まってたので、更に上流側へ行くと車道から直ぐに入渓でき、雰囲気も良かったのでウェットウェーディングでもやってみるかとドアを開けて着替えてると、、、。車内に羽付きの虫が入ってくる。焦って社外に出て窓を空けたり虫よけスプレーしたりしてると、別のでっかいハチが突然現れ、超焦って車内に飛び乗りドア閉める。さっきの車内にいた虫はダッシュボードの上で弱っていたので成仏していただき、一安心。しかし、そこから執拗にハチが窓に猛アタックを繰り返す。数も目視出来ただけで3匹。スモークの窓にバチバチと何度もビーアタック。一瞬の隙を狙って、後部座席から運転席に外から移動。危険なので帰ろうと車を走らせるも、何百メートルも追いかけてきてまだ攻撃を仕掛けてくる。なんて、危険なヤツらなんやろう。あのまま、釣りをしていて襲われたらと想像すると嫌なイメージが残る。黒色に反応したのか?それとも巣が近くにあったのか?また、いかにも大型動物が座ってたっぽい草の倒れた場所もあったりしたので、あそこか行かないようにしよう。。自然はなめたらあかんなぁ。