20160624-DSC_0500.jpg
渓流でのルアーフィッシングに向けて、やっとこさ全道具が揃った。

20160625-DSC_0508.jpg
ロッドはタックルベリーの中古でティムコのトラウター BS56UL。本当は、ティムコのエンハンサー MOUNTAIN STREAM EH53Lにしようと注文していたけど、メーカー在庫がなくなり手に入らず。。元々ロットがかなり少ないんやろうなぁ。。そこで、ちょっと軟すぎるとは思うけれど、中古で格安だったトラウター BS56ULにしてみた。ミノーイングは物足りなさそうやけどひとまずこれで楽しもう。

20160624-DSC_0503.jpg20160624-DSC_0506.jpg
 
それから、迷いに迷ったドライウェーディングとウェットウェーディング。まるで熟成肉のドライエージングとウェットエージングみたいな響きやけど(笑)まず、ゴアテックスのウェーダーは海でも湖でも使えて汎用性があり、軽くてスリムなうえ着心地最高やった。そして、暑がりの汗っかきやからウェットウェーディングもしてみたいしって事で、結局のところ大人買いしてしまったwハッキリ言ってしまうと他のものを一度も試してない。最近自分のテーマである、敢えて空気を読まない鈍感力と決断力を発揮した形w

それはさて置き、ウェーディングシューズは軽さと履き心地ともに自分好みで良かった。カラーが少し派手でちょっと迷ったけれど、Foxfireカラーであまり見かけない色目という事で決定。まあ他に探すの面倒くさくなったってのもあるけど。。

・TIEMCO トラウター BS56UL
・Foxfire バーティカルツーシームウェーダー
・airista minimalist ソックス
・airista minimalist WDゲーター
・Foxfire コンターラインウェーディングシューズ
・patagonia ストームフロント・スリング 20L

airistaのデザインやコンセプトはとてもエエ感じ。四角大輔さんが絡んではったんやね〜〜。なるほど。
それと、カメラが心配だったのでpatagoniaの完全防水バッグもこの為に準備しておいた。空気が抜けないのでいざって時には浮袋にもなる利点も合点。去年欲しくなった時にはメーカー在庫なくなってたから。これでバッチリでしょ。

てな訳でいよいよ渓流が目前まで迫ってきてとても楽しみ♪