先日というか、先月になるのですが、2013シーズン初釣行で串本まで行ってきました。メンツはお馴染み、Fmak氏、Leekong氏と自分の3人です。気温はだいぶ暖かくなってきたとはいえ、朝方はひと桁台の気温で結構寒かったです。日中は18度の予報でしたが、体感的には15、6度??とはいえ、久しぶりの釣行ということで、メンバーはテンション高めでした(笑)

朝方は、串本の漁港でエギングからスタートしたものの、こちらはBOSE。自分は予想外の低気温と周りの釣り人の反応がイマイチっぽかったので車で居残り仮眠ing。漁港はイマイチ気分が盛り上がらないのも影響してたかもね〜。基本的に少しアドベンチャーな地磯が好きなのです。

そんな、こんなで、朝マズメを外した一行が向かう先は、、、、、、未定だった(汗)
あーでもないこーでもないと、スマホとカーナビ、野生の勘を働かせるもイマイチ良いポイントに出会えず時間が過ぎていきます(笑)このあたりが、まだまだ素人全開の自分たち(笑)

せっかく串本まで来たのだから、大島でしょっ!!って事で、若干三重方面に向きかけていたナビゲーションを大島に設定し、全開した窓から気持ちのいい潮風を受けてのドライブing!!うん、これだけでもええ感じの休日です♪


大島に到着と同時に遅めの朝食♪
なんかこういう時間が自分はとても好きで、ほっこりしますね〜。


初めての大島だったので、ポイントへのルートに迷いつつも、何とか辿り着けました。早速、タックル準備にとりかかる仲間を脇に、自分はそそくさと、、、カメラ機材のセッティング(汗) 「何でやねん!」と罵詈雑言を浴びせられながらも、信念とシャッターがブレないように何とかセッティング完了(笑)だって、先日GETしたManfrottoのビデオ雲台試したいし、一期一会を綺麗に収めたいしね♪


ひたすらショアジギでシャクってる後ろや横で、ひたすらマニュアルフォーカスで動画撮影してたら、こんな顔で振り向かれます(笑)そんな、Fmak氏が苦肉の策でBOSE逃れで見事GETしたのは、、、


うっちゃんでした(笑)
このウツボは自らラインを噛み切り、オシャレなピアスを付けたまま脱出し、迷うことなく最短距離で海にウネウネ戻っていった様にはビックリした!全く迷うことなく、無駄のない最短ルートをなぜわかったのか、、、?さかな君に今すぐ聞きたいです♪まさにギョギョ~。


釣果がないとなぜか、哀愁を感じる背中(笑)
風も強くなってきたのでこちらのポイント終了。結局ここでは、一度もロッドを触らす仕舞いの自分でしたが、まあまあの絵が撮れたので実は一人満足でした。


上から覗く紀州最南端は雰囲気最高♪昔、大島でトルコの沈没船を助けた歴史があるらしく、トルコとは友好関係があるらしい。

先日GETしたビデオ雲台 Manfrotto プロフルードミニ雲台 701HDVは、すこぶる調子良かったです。少しだけ固めのパンだけどティルトも含めてスムースでGOOD。それと、やっぱりカウンターバランスは必須。そして、SLIK レベリングユニットもかなり良かったです。ただし、店員さんも言ってたのですが、反時計回りにパンすると、雲台とユニットが緩んでしまうので、気をつけないといけない。ここは、Manfrottoのレベリングユニットだと緩まない構造になってるので羨ましい限りです。でも、抜群のコスパなので満足でした。ユーエヌ UNX-8535 モニタリングPro3.2インチHEXAもばっちりで、MFでピントの山がしっかり掴め、ピンぼけ動画がなくなりとても良かったです。おすすめ!

しかし、動画も写真もやっぱりフルサイズの方が断然描写が綺麗で、今まで満足していたD5100への愛情が少しだけ薄れてしまった(涙)それに、良いズームレンズをGETするまでの時限措置で購入したTAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 (A09 II)。こちらも、やっぱり値段相応で動画と写真共に写りが残念で、早く大三元に手を出したくなった今日このごろでした。


大島から出る付近に、オーガニック感のあるお洒落なパン屋&カフェがあったので、帰りにアラフォーシングルメンズでお邪魔した。ここが、かなりHIT!!大阪にもあったらいいのにって言うぐらい、おいしいオーガニックパンとオーガニックコーヒー。この日は、ホットが売り切れだったのでアイスしか飲めなかったのが残念だったけど、きれいなお姉さん系スタッフが、BOSEのシングルズを癒してくれました(笑)また、行きたいね〜。

あ、もちろんこの後の夕マズメエギングも、、、BOSEね♪(笑)