母親が、えと守一刀彫を集めているらしいので、初詣も兼ねて三輪明神まで行ってきました。


まずは手を清めてから、お参りを済ませ、


久しぶりのおみくじで、末吉。。めっちゃ普通。。
母親の大吉を横目に、これはこれで微妙やね(笑)


境内の一画にある「大美和の杜展望台」からパシャリ。
大和三山(二上山・葛城山・金剛山)をバックにした大鳥居がなかなかいい感じだった。

帰りに千寿亭の三輪素麺で締め。
にゅうめんに使われていた「山辺の道」は、上品な小麦の香りが口の中で広がってとても旨かった。
家で食べるにゅうめんとは、やっぱり一味違いまんなぁ~。

そして、新年の始まりを迎えて毎年、時間の流れが速く感じる。そんな感覚とは一味違った充実感を求めていきたいもんです。Let’s 精進。。