季節が秋を迎え、とても過ごしやすくなってきた10月の3連休に、
和歌山県の水軒というポイントに、太刀魚とアオリイカを狙いに友人と4人で釣りに行ってきた。
釣果は4人で太刀魚18匹、イカ0匹だった(メモ:水揚げしたイカは杯、生きてるイカは匹で数えるようです)。太刀魚に関してそこのポイントでは、自分達が一番数を上げていたのでまずまず良かったかな。イカに関しては、太刀魚が天敵であるということを残念ながら釣行後に知ったので、タイミングを見計らってリベンジしたいと思う。

さて、自分は釣りを始めて約1年経ったけど、奥深さと難しさを毎回体験している。
簡単に釣れる時もあるけれど、殆どが試行錯誤の繰り返し。だからこそ、HITした時の感動が大きいのだろうな。
今回の釣行では、1人がウキ釣り、2人が「太刀魚ゲッター」のハイブリット、そして自分はルアーでワインドという3種類の仕掛けだった。自分はルアー派なんだけど、同時に色んな仕掛けで釣りが出来ることは貴重なデータ収集になるのでとてもありがたい。だけど、ルアー派ってのは譲れないけどね(笑)

今回の太刀魚(ワインド)は、かなり底まで沈めてから連続HITに繋がった。朝方の明るくなってきた時間帯で、もう駄目かなって話していた時だったので諦めなくて良かった。
次回は、いつになるか未定だけど、エギングでイカを釣り上げれるように情報収集しておこう。


大きな地図で見る